スタッフブログ

年末年始の休診のお知らせ

0

    【外来部門】
    平成28年12月29日(木)より平成29年1月3日(火)まで休診とさせていただきます。
    1月4月(水)より通常通り診療を行います。

    【デイケア部門】
    デイケアWaki愛愛は、平成28年12月30(金)より平成29年1月3日(火)までお休みとなります。
    1月4月(水)より通常通り,業務開始致します。

    【透析部門】
    暦通りで通常通りです。

     

    【年末の御挨拶】
    今年の診療日・利用日も残すところ、あと1日となりました。
    今年は、当院スタッフ全体で学習の1年とし、沢山の勉強会に積極的に参加し、知識や技術の向上をはかってまいりました。多くの学びを、より一層、患者様や利用者様に提供できるよう、引き続き頑張っていく所存です。来年も、患者様や利用者様からの期待により添えますよう、スタッフ一同取り組んでまいります。

    最後に、2017年(平成29年)が皆様にとって健やかで、酉年だけに飛躍の年となります様、スタッフ一同、心よりお祈り申し上げます。


    クリスマス会

    0

      デイケアにて「クリスマス会」を催しました。
      クリスマスソングや、ビンゴゲームで盛り上がりました。最後にプレゼントをもらいました。

       


      第20回 日本シッティングバレーボール選手権大会

      0

        『第20回 日本シッティングバレーボール選手権大会』

        東京武蔵野総合体育館

        パラリンピックの競技を少しずつ勉強しようと、本日は東京で行われている「シッティングバレーボール」を見学して来ました。

        活気溢れる会場に驚きながらも、観戦席に移動し熱戦を繰り返しているゲームを観戦致しました。健常者も混じえて行われていましたが、本番のパラリンピックでは、障がい者のみとなるなどの説明も聴いて来ました。

         

        『제20회 일본 좌식배구선수권대회』

        토우쿄무사시노종합체육관

        패럴림픽의 경기를 조심씩 공부하기 위해서 금일은 토우쿄에서 개최되어지고 있는 「좌식배구」를 견학하고 돌아 왔습니다.

        활기가 넘치는 회장에 놀라며 관전석으로 이동하여 열전을 반복하고 있는 게임을 관전하였습니다. 비장애인과 장애우가 한 팀으로 함께 출전 해 경기가 진행되었지만 패럴림픽 에서는 장애자만 출전 할 수 있다고 하였습니다.

        일본 인공 신장 투석 클리닉
        오야마 스기노키 클리닉
        travel@suginoki-cl.jp


        第7回 腎不全研究会

        0

          『第7回 腎不全研究会』

          透析治療の研究を中心に、約20演題と講演にて、様々な各病院の取り組みについて学んで来ました。データありきの研究が多い中、当院は世界に向けての旅行透析の話で、ちょっと浮いていた感は否めませんが、逆に一番手で斬新な切り口の発表なので強いインパクトは残こせたのではと思います。

          大会長の挨拶でも、世界の透析事情についての話がありました。アメリカやヨーロッパの内容です。先進国の透析事情は日本と同じくらいな水準なので問題は無いのですが、発展途上国での透析に対する問題(衛生面や技術面等)は、ある程度クリアにしておきたいものでもあります。互いに情報が乏しく、現地視察、国際交流をすることで、誤解なく不安のない透析が世界中何処の国でも受けられるのでは無いかと考えます。

          透析の歴史は約100年となります。これまで、多くに患者さんが透析加療で苦労をされている中で、同時期に色々な先生方や研究者により、様々なエビデンス、治療法、ガイドライン整備により、延命を実現して今日に至ります。この様な、研究会が活発に行われることは、患者さんが健やかな生活を永く営む事に繋がると信じています。

           

          『제7회 신부전연구회』

          인공투석치료연구를 중심으로 약 20개의 강연이 있고, 각 병원의 대응에 대하여 배우고 왔습니다. 데이터를 중심으로한 연구가 많았지만 본원은 세계를 향하여 여행투석를 소개하고 왔기에 조금은 어깨가 으쓱 했지만 바꾸어 생각해보면 제일 처음으로 발표를 하여서 강한 임팩트가 남았지 않았나 생각합니다.

          대회장님의 인사말씀에서 세계의 인공투석사정에 관한 말씀이 있었습니다. 미국이나 유럽의 내용 이었습니다. 선진국의 인공투석사정은 일본과 비슷한 수준이 기에 아무런 문제가 없지만 개발도상국의 인공투석에 대한 문제점(위생이나 기술면등)은 어느 정도 확실히 해 두고 싶은 것이기도 합니다. 서로의 정보가 부족하고, 현시 시찰, 국제 교류를 함으로써 오해 없는 불안 없이 인공투석이 세계 어느 나라에서도 받지 않을까 생각합니다.

          인공투석의 역사는 약 100년이 됩니다. 그동안 많은 환자가 투석 치료에서 고생을 하고 있는 가운데 같은 시기에 여러 의사분들과 연구자에 의한 다양한 증거, 치료법, 가이드 라인 정비로 연명을 실현하고 오늘에 이릅니다. 이러한 연구회가 활발히 이루어지는 것은 환자분들이 건강한 생활을 오래 하게 연결된다고 믿고 있습니다.

          일본 인공 신장 투석 클리닉
          오야마 스기노키 클리닉
          travel@suginoki-cl.jp


          実習2

          0

            先週に続き、太田医療技術専門学校の臨床工学科の生徒さん新たに5名が、透析技術を学びに実習に来ました。

             

            저번주에 이어서 오오타의료기술전문학교 임상공학과의 새로운 학생5명이 인공투석기술을 배우기 위해 내원 하였습니다.

            일본 인공 신장 투석 클리닉
            오야마 스기노키 클리닉
            travel@suginoki-cl.jp